エッチしたい。ただおっぱいを揉んで肉棒を体内にぶち込みたい。

人間生きていると色々なことがあります。

異性と付き合ったり、結婚したり、離婚したり。

仕事でも上司と言い合いになったり、理不尽な苦痛を逃れることができずに、退職したり。

 

それで行きついた先が「性欲を発散したい」ということです。

 

おっぱいを揉めれば、どんな日でも幸せを感じることが出来ます。

女性のアソコに思いっきり肉棒をぶちこめれば、何もかもを忘れて腰を振ることが出来ます。

 

人間らしくはありませんが、動物的、生物的には素直で可愛いものです。

 

毎日何をしても、結局はおっぱいを揉める幸せ、エッチできる幸せには叶いません。

そんな価値観が私の中に芽生えてしまったんです。

 

お金があれば風俗にはいけるけど、好きなときにおっぱいを揉めたり、エッチできたりすることは出来ません。

 

言い換えると、とりあえず最高のおっぱい、最高のエッチをすることが出来れば、相手は誰でもいいのかもという事です。

 

性格が良い女の人がいい、優しくて気遣いできる女の人がいい。

そんなことを追い求めていると、一生悩むハメになってしまうのです。

 

じゃあ、これはどうだろう?

おっぱいが自分の気に入ったサイズで、形で。

そして毎日揉んでいて、セックスしたくなったらさせてもらえる。

 

そんな人と付き合って、一緒に生活をすることが出来れば、それでいいのかなって。

 

極端だけど、それでいいんじゃないかなと思います。

 

体が最高なら、自分の性欲発散に力を貸してくれるなら、それで満足できるんですから。

美味しいご飯が作れないと、家事がうまくないと、正確がよくないと。

 

そんな高いハードルを全部とっぱらっちゃえば、凄くシンプルになると思いませんか。

いちいち理想を掲げてしまい、現実とのギャップに苦しんで別れを繰り返すよりも、充実した毎日が送れるはずです。

 

Ittele